SSブログ

序章「成果をあげるには」3「アクションプランをつくる」 [経営って何だろうね]

皆さんこんにちは。四国は高知県、高知市で氷屋を営んでおります、有限会社四国アイス代表西村拓二です。イベント、業務用、一般向けに様々な氷を販売しています。

引き続きドラッカーの「経営者の条件」を読み進めます。

前回は
1.「なされるべきことを考える」
2.「組織の事を考える」
をまとめた内容でした。
今回は「アクションプランをつくる」
ということです。
実行するための計画を練り、いつまでに達成するのかを決める。
それがアクションプランという事だ。
具体的には「今後1年半あるいは2年間、自分は何によって貢献すべきか」
「いかなる成果をもたらすべきか」
「それはいつまでにか」
を考えなくてはいけない。
併せて、
「それは法的に、倫理的に、自組織において間違いのないものか」
という事をしっかり確認しなくてはならない。

そして中間点、終盤の二つにチェックポイントを設定し、
達成できているか?
達成できていないならどこを修正して達成に持っていく事ができるか?
を確認しなくてはいけない。
アクションプランを作ることは、同時にチェックポイントを設定しなくてはいけないのだ。
___________________________________________________________________________

氷を使ったオブジェ作成
有限会社四国アイス
ブライダルなどで個性的な演出

____________________________________________________________________________

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。